ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

鈴木 隆政

Takamasa Suzuki

自販機事業本部
首都圏自販機支社
自販機第二支店

2006年入社

入社を決めた理由を教えてください。

本社が愛知県にあり、私も愛知県出身のため、入社のきっかけは地元企業であり、身近で馴染みのある企業で活躍したいと考えたからです。私が就職活動中は、当社はポッカサッポロの前身のポッカコーポレーションという会社でした。ポッカコーポレーションとの出会いという点では、はっきりと覚えているのは小学校の頃の近所の自販機。身近な存在であることが、興味を持つ大きなきっかけになりました。

これまでのキャリアについて教えてください。

非常に珍しいケースだと思いますが、入社から9年間 名古屋勤務で自販機を中心とした営業活動を担当していました。周囲には3年程度で異動になる人もいる中、私はずっと中部自販機支社 中部自販機支店に勤務し、2015年4月に現部署の首都圏自販機支社 自販機第二支店への勤務となりました。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

首都圏自販機支社は東京都を中心とした東京・神奈川・千葉・埼玉エリアの自販機における販売代理店様、もしくは当社の自販機を設置していただける方に対しての営業活動を実施します。当社の自販機は一つの「店舗」。より魅力的な場所への設置、商品ラインナップにしていくための商談を実施します。また、販売代理店と協働で設置先オーナーの新規開拓と定期的なフォローも実施します。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

現在、自販機部門では若手から中堅で自主的に集まり、プレゼンテーションスキルの向上や情報交換を目的とした勉強会を行っています。「どの部門、どの部署に配属となっても各個人が能力を発揮できるように」と、ある尊敬する先輩の発案から始まりました。やらされているという感覚ではなく、自分達からやっていくという志を持った先輩、後輩が集まり、活気のある活動をしています。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

一人で解決できないことに関しては、抱え込まず、周りの方々に相談して組織で解決するようにしています。自分で解決できないことを一人で抱え込んだままにすることで、時間の経過と共に困難なことが更に別の問題も引き起こす可能性があるからです。営業職なので個人での活動が多い日々ですが、周りの方々と協力しながら困難を乗り越えていくことも多々あります。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

良い意味でも悪い意味でもポッカサッポロは自由度の高い会社だと感じます。各人の仕事への取り組み方次第で、日々の成長を自分で感じることができるくらい充実感を得ることもできますし、逆に日々の業務に追われモチベーションも上がらない状態に陥る可能性もあります。自分自身の可能性を信じて、多くのことにチャレンジすることが大事ですね。そして、それを周りでサポートしてくださる上司、先輩がいることも励みになっていると思います。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

自販機部門でも様々な部署が社内にはありますので、これまでの自身の経験を活かして自販機部門内の本部や全国規模での商談を行う部署での仕事をしてみたいと考えています。また、社内には営業部門だけでなく、様々な業務を担当する部署があるため、部門を越えての業務にも携わってみたいと考えています。

学生へのメッセージをお願いします。

就職活動中は様々な企業との接点を持つ初めての機会だと思います。企業や業界に関して知ることと同時に、「自分とは?」と改めて皆さん自身を見直す時間を作ってください。周りの雑音も聞こえてくると思いますが、雑音はシャットアウトして、ブレずに就職活動を最後まで乗り切ってください。そうすることで、後悔の無い就職活動が送れると思います。体調に気をつけて、頑張ってください。

とある1日のスケジュール

6:00 起床
7:45 出社
7:45 内勤・事務処理
9:00 外勤・お客様訪問
12:00 昼食
13:00 外勤・お客様訪問
18:30 帰社
19:30 退社

オフタイムの過ごし方

2歳になる子供がいるため、家族での過ごす時間を第一優先にしています。東京勤務となったばかりのため、家族で東京都内の観光に出掛けるなどして、リフレッシュをしています。