ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

原嶋 里実

Satomi Harashima

自販機事業本部
法人営業統括部
広域法人営業部

2014年入社

入社を決めた理由を教えてください。

もともと、人々の生活に密着している「食品」に携わる仕事に就きたいと考えていました。日ごろから「キレートレモン」「じっくりコトコト」はじめ、ポッカサッポロの商品をよく購入していたこともあり、このような商品をもっと世の中に広めていきたい!ロングセラーの商品を自分自身が作ってみたい!と思ったことがきっかけです。
また、内定の連絡をいただいた後も、非常に親身に相談に乗っていただき「一内定者をこんなに大切してくれる会社なら、きっと入ってからも後悔しないだろう」と感じ、入社を決意しました。

入社して驚いたこと、事前のイメージとギャップを感じたことを教えてください。

ポッカサッポロは約1,000人が勤める会社ですが、他部署の先輩だけでなく役員の方と話す機会も多く、社員一人ひとりの距離が近い事に驚きました。
また、私は統合してから初めて入社した「1期生」であったため「ポッカサッポロ=全く新しい会社」というイメージがありましたが、旧社のどちらかで働いていた方が大多数であり、文化や考え方などの違いがあることも、入社後に感じました。ただ、統合して数年が経ったいま、そのようなことを感じる機会は少なくなっています。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

サッポロホールディングスとして、お取引のある様々な業界のお客様に、より一層「当社グループのファンになっていただく」ということが最大のミッションです。
具体的には、当社の自販機や給茶機などを案内し、より身近に「ポッカサッポロ」を感じていただくための活動です。他にも、サッポロビールの方々と連携しながらビアパーティーを開催したり、イベントの協賛のお手伝いをすることもあります。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

ある先輩のお取引先が、社内の一部で反対の声も挙がる中、複数台の自販機を当社機に切替てくださることになりました。しかし、切替数日後に重大なご指摘をいただきました。
本来であれば至急管理会社が対応する内容ですが、至急の対応は困難との返答。先輩も外せない用事があり困っていた所、上司が「大事なお客様に迷惑を掛けるわけにいかない」と、片道1時間以上の距離をすぐに駆けつけ、ご指摘の対応に向かい、事は収まりました。
様々な声がある中で切替をしてくださった大切なお客様をがっかりさせず、一生当社のファンでいていただけるよう「お客様第一」を考えて行動できる営業になろうと感じた出来事です。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

とある工場で「熱中症対策のコスト・手間の削減」を希望されているお客様がいらっしゃいました。はじめは当社の熱中症対策飲料をご提案したのですが、お客様のご要望に応えられない部分があり、一時は提案を断念しかけました。ただし、ヒアリングを重ねる中で、弊社の給茶機が一番の最適な提案ではないかと方向転換し、再度提案を実施。様々な懸念事項に対し、一つひとつ改善案を提示していった結果、従業員休憩スペース4箇所に給茶機を設置いただける事に。諦めずに行動すること・お客様が本当に求めていることを突き詰める事の大切さを感じた瞬間です。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

アットホームな雰囲気の中でも馴れ合うこと無く、「!(ヒラメキ)」を大切にしながら、社会や日本・世界の食生活に新たな文化を根付かせることに貪欲に、常に新しいことに挑戦し続ける会社だと思います。また、ほかの会社では、ベテランでないとできないような大きな案件を、若手にも積極的に挑戦させてくれる会社だと実感しています。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

現在は主に自販機・給茶機に携わる仕事を行っているので、今後はスーパー・飲食店に携わる営業をしてみたいと思っております。将来的には全てのチャネルでの営業を経験し、その経験を通じて感じた「こんな商品があったらいいな」というアイディアを新商品の企画・開発という立場から具現化したいと考えています。

学生へのメッセージをお願いします。

私自身、就職活動中は沢山悩みましたが、同時に自分の人生を今一度振り返ることができる非常に良いきっかけであった、とも感じています。
楽しいことばかりではないと思いますが、最後、就職活動を振り返ってみて「自分はやりきった!」と満足できるよう、(たまには息抜きもしながら!)頑張って活動してください。

とある1日のスケジュール

5:30 起床
8:00 出社 メールチェックなど
9:00 社内打ち合わせ
10:00 会社出発
11:00 商談①
12:00 昼食
13:00 御取引先様が運営する施設の自販機設置状況確認
14:00 商談②
15:00 グループ会社との打ち合わせ実施
16:00 事務所に戻り内勤
18:00 退社

オフタイムの過ごし方

大学の友人とご飯に行ったり、会社の先輩とフットサルをしたり、趣味のランニングや映画鑑賞に出掛けたり、家でじっとしている事はほとんどありません!そんなとき道端でポッカサッポロの自販機を見つけると、どんな商品構成になっているんだろう?とついつい反応してしまいます。
休みの日に思いっきりリフレッシュすることで、普段の業務を集中して頑張ることができていると思います。