ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

渡邉 卓

Suguru Watanabe

営業本部
広域フードサービス営業統括部
関東フードサービス営業部

2006年入社

入社を決めた理由を教えてください。

学生時代にコンビ二でアルバイトをしていた際にドライ飲料の発注担当や棚のレイアウトを任されており、ドライ飲料に興味を持っていました。
また、大学の自販機で「がぶ飲みミルクコーヒー」が販売されていたこともあり、面白い飲料商品を持つ当社に興味を持ち、入社したいと思うようになりました。

これまでのキャリアについて教えてください。

入社後3年間は神奈川支店で自販機のオペレーター担当営業をしていました。その後、九州支店に異動。福岡、長崎、佐賀で量販店、業務用酒卸の担当営業を2年間経験した後、さらに鹿児島、宮崎で量販店、業務用酒卸、自販機オペレーターの担当となりました。現在は東京本社で、首都圏エリアの業務用食材卸の営業を担当しています。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

業務用食材卸、製菓製パン卸の担当営業を行っています。具体的には担当卸の持つお客様(飲食店、製菓、製パン工場)に対し、商品採用拡大のためのさまざまな提案をすることが仕事です。朝や夕方など、卸営業が事務所にいる時間に訪問し、そこで顧客情報取得や情報交換を行います。そして取得した情報をもとに、そのお客様と商談をしたり、時には卸営業と同行のもと商談を行うこともあります。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

新入社員と1日、私の担当するお得意先を訪問しました。その際、お得意先のことや私と取引先との電話内容についてまで、非常に多くの質問を受けました。また、翌日、新入社員記載の日報には、当日質問したそれぞれの事項に対し、自分が感じたことや私の回答を基に自分ならどうするといった具体策が示されており、熱い人間が集まる会社だと感じましたね。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

商談には何度も行っているものの、競合他社レモンの採用が多い製パンチェーンにおいて、打開策としてプレゼンテーションを実施したことです。当社側はマーケティングのレモン担当者と上司に参加してもらい、先方には普段は商談に参加することがほとんどない工場長、開発担当者に参加いただきました。そこで当社品使用のパンを試食いただき、その質の良さを評価いただき、採用に至りました。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

技術力があり、ハイスペックな商品を多数生み出せる会社。そして、まだまだお客様の要望に答えられる、伸び代のある会社です。
現状は世界的に有名ではないですが、既に東南アジアへ進出し海外ビジネスのノウハウを持っています。当社の技術力を生かし、消費者ニーズに対応していくことで、世界でも戦っていける会社になれると思います。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

海外で当社商品拡販にかかわる仕事に挑戦したいですね。また、現在飲料で進出している東南アジア、ビール等で進出している北米で業務用商品販売の新規参入を手がけるなど、新規事業に取り組むことにも興味があります。

学生へのメッセージをお願いします。

就職活動は様々な会社を知るチャンスです。会社の雰囲気など、インターネットではわからない情報を実際に企業をまわることで知ることができます。私も就職活動中、多くの会社を回り勉強になったとともに、自分に合う会社を見つけることができました。ぜひ、就職活動を通し自分に合った会社を見つけてください。最後に当社を選んでいただけたら幸いです。

とある1日のスケジュール

6:00 起床
8:20 出社
9:00 内勤
10:00 外出
11:00 卸営業と打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 商談(外食顧客)
15:00 商談(製パン顧客)
17:00 帰社
19:00 退社
24:00 就寝

オフタイムの過ごし方

友人や会社のメンバーとフットサルをしています。また、マラソンタイム向上に向けた、ランニングとトレーニングも欠かせません。
他にも、秘湯温泉めぐりも好きですね。秘湯を守る会の発行する本をもとに全国をめぐっています。