ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

竹内 健太

Kenta Takeuchi

営業本部
広域営業統括部
ヘルスケア営業部

2008年入社

入社を決めた理由を教えてください。

前職でパッケージ関連の会社に勤務しており、パッケージを必要とする商品の中でも、自分に身近な飲料・食品業界に興味を持つようになりました。転職しても、経験してきたパッケージについての知識が活かせるということと、パッケージだけでなく商品そのものの開発から販売までをトータルで扱ってみたかったため、ポッカサッポロへの入社を決めました。

これまでのキャリアについて教えてください。

大学を卒業後、新卒で事務機販売会社に入社(コピー機などの営業)。その後、先述のパッケージ会社に転職し、ラベルなどの営業を行っていました。さらに医療機器メーカーでオペ用医療レンズなどの営業を経験した後、旧・ポッカコーポレーションに入社。転職を3回経験しており、当社では異色の人材かもしれません。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

大手ドラッグストアの本部や薬系卸の本部を担当し、「かんてんスリム」や「フルーツサプリプルーン」といったヘルスフード商品の営業を行っています。ドラッグストアに対しては、本部に商品提案・販促企画を提案し、その実行を全国に水平展開するとともに数字の取りまとめなどを行います。また薬系卸本部との仕事では、卸との協業による新規販売先の模索、全国企画の実施などを担当しています。営業がメインですが、お客様からの意見をお聞きし、開発にフィードバックすることも重要な業務です。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

以前、当社のルート限定の新商品が発売される際に「営業が商品を語るには工場を知らなければいけない」と思い、製造現場や原料メーカーの工場に関係営業担当全員で自主的に見学に行きました。実際の現場で製造の方の生の想いを聞いて、自分たちも「やってやるぞ!」と熱い気持ちになりました。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

困難だと思ったら負けだと思っているので、仕事に対して「困難」と思ったことは一度もありません。常に「ありたい姿(目標)」を掲げて、そこに向かって色々なやり方を考えていく。「絶対にあきらめない」というのが私の信条ですので、ダメだったと下を向くよりも常に次のことを前向きに考えて行動するようにしています。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

飲料、食品、業務用商品、健康食品と幅広く商品を扱うことができる会社です。おいしい「!(ヒラメキ)」があるとコーポレートブランドにありますが、まさにこれを日々追求し、総合食品メーカーとしてお客様のお役に立っている会社だと思います。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

現在の販売ルート(薬系ルート)が偶然にも入社時に立ち上げされ、ゼロからスタートしてここまでやって来ました。これをポッカサッポロの事業として「なくてはならないもの」と誰もが思うくらいまで大きくさせたい。その中心的存在であり続けたいと思っています。

学生へのメッセージをお願いします。

学生生活と仕事はなかなか結びつかないと思いますが、学生時代に何か夢中になることを持っていた方は、その情熱を仕事にぶつけてください。ポッカサッポロはそんな気持ちを受け入れてくれる会社だと思います。仕事にもプライベートにも熱い気持ちを持った方が入社してくれることを歓迎します!!

とある1日のスケジュール

6:00 起床
8:30 出社
9:00 内勤(社内業務など)
10:30 外勤(得意先、店舗など訪問)

12:00~14:00くらいまでの間で昼食(得意先訪問予定により時間は異なる)

17:00 帰社、事務処理・得意先提案資料など作成
19:30 退社
24:00 就寝

オフタイムの過ごし方

学生の頃から続けているバレーボールを今でも本格的にやっています。40歳近くなったこの年になっても「全国大会出場」という目標に向かって、若手と共に汗を流しています。目標に向かって、壁にぶつかってもあきらめずに向かっていくところなど、バレーボールの取り組みと仕事の取り組みは意外と共通点が多いのです。