ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

加藤 有美

Yumi Kato

研究開発本部
商品開発研究所
第三グループ

2006年入社

入社を決めた理由を教えてください。

漠然と食品会社に就職したいと考えていた中で参加した合同企業説明会において、ポッカサッポロ(当時はポッカ)に出会いました。当時の人事担当者の丁寧かつ熱意溢れるお話や、採用試験を通して出会った先輩社員の方々、ポッカサッポロの商品を知るにつれ、自分もこの会社の一員として働きたいと強く思い、入社を決めました。

これまでのキャリアについて教えてください。

入社後、商品開発研究所に配属され、粉末スープ、粉末茶といった乾燥食品の開発を行ってきました。また商品だけでなく、スープに入っているパン具材などの原料開発も経験しました。入社4年目と9年目には、出産のため育児休業を取得しています。復職してからは時短勤務で働いており、限られた時間の中で商品開発業務を行っています。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

「じっくりコトコト」に代表される粉末スープの商品開発を担当しています。マーケティング部門からのコンセプトをもとに商品設計を行うほか、研究所からもお客様に喜んでいただけるような提案ができるよう努めています。商品の配合設計が完了した後は、それを実際の工場で製造することができるか、関係部署と協力して検証を行います。その他にも、商品の原材料の表示作成など、商品化に必要な作業を行っています。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

研究所では、アイデアや技術を発表する機会があります。年に2回行われる研究発表会では、各担当者の研究内容や熱い思いを他部署の方に伝える良い機会です。また、研究所での商品開発プロジェクトも立ち上がり、若い世代の開発者がプロジェクトリーダーに名乗りを上げるなど、皆が高い志をもって日々の業務に励んでいると思います。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

あるお得意先向け商品(PB商品)の開発を行っていた際、商品設計も決まり、あとは生産を待つのみという状態でしたが、先方の都合により、急遽再検討を求められるという事態が起こりました。スケジュールが非常に短い中、お得意先のご要望を満たすために新規の原料を採用したほか、関係部署と協力してテストを再実施するなど、皆が一致団結をして商品化に向け動きました。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

レモン調味料など毎日の食生活に欠かせない商品から、飲料などの遊び心がある商品、食べるとホッとするスープなど、ポッカサッポロはバラエティに富んだ商品を扱っています。そういった商品を通し、お客様の食生活に彩りを加え、そして豊かにするためのお手伝いができる会社だと思います。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

働く女性の増加や少子高齢化など、世の中の変化に伴い、日々の食生活事情も刻々と変化していると思います。たとえば高齢者に向けた「健康寿命」を延ばしていける商品など、社会の変化を敏感に捉え、ポッカサッポロの既存商品形態にこだわらない、新しい商品の企画提案、開発を行っていきたいです。

学生へのメッセージをお願いします。

就職活動に対し不安や戸惑いの気持ちも大きいと思いますが、就職活動を通して得られる新たな発見もあると思います。10年ほど前のことになりますが、私も就職活動を進める中で、これまでの自分を振り返ったり、様々な会社と接することで、やりたいことに気付きました。皆さんも不安を楽しみに変え、悔いの残らない就職活動を送ってください。

とある1日のスケジュール

5:30 起床
8:40 出社
9:00 朝礼
9:30 試作
12:00 昼食
13:00 打ち合わせ
16:00 退社、子供を保育園へ迎えにいく
22:00 就寝

オフタイムの過ごし方

平日はなかなかゆっくりできない分、休日は子供達と一緒に過ごしています。家庭菜園に野菜を植えたり、公園に遊びに行ったりしています。最近では上の子がサッカークラブに通い始めたので、サッカーの相手をすることもあります。休日は仕事よりも体力を使っているかもしれませんね。