ポッカサッポロフード&
ビバレッジ株式会社
新卒採用情報

pokka sapporo
menu close

福本 未来

Miki Fukumoto

営業本部
中部支社
名古屋量販支店

2011年入社

入社を決めた理由を教えてください。

出会ったきっかけは、大学の授業です。広告宣伝の授業で、ポッカレモンをたくさん使ってもらうための広告宣伝の工夫や施策の話を聞き、ポッカレモンという商品に対する思いを感じました。
入社の決め手は、やはり商品に対する愛情です。社員の皆さんが自社商品を好きで、どんなふうに商品を使ってほしいか楽しそうに話している姿を見て、私もこんな会社に入って営業がしたいと思いました。

これまでのキャリアについて教えてください。

入社当初は広島支店に配属され、約4年間広島で営業活動をしていました。 配属から3ヶ月で大きな量販店を担当させてもらい、4年目の時には得意先のお客様をお連れして、ドイツ・フランスでのミネラルウォーターの海外研修にも参加させてもらいました。
より大きなエリアで営業として経験を積みたいと思っていた5年目の年に、名古屋量販支店に転勤となり、今に至ります。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

岐阜・愛知をはじめ、広域に出店しているスーパーマーケットなどの量販店や名古屋を基盤にしている量販店の本部・問屋を主に担当しています。
いつ・どんな時期に・どんな風に商品を並べればよりお客様に手にとっていただけるか、当社の商品の中で、どの商品が担当企業に合っているかを考えながら、バイヤーや店舗の担当者に提案し、自社商品の普及に努めています。

仕事に取り組む姿勢で、
「熱さ」を感じたエピソードを教えてください。

やはりポッカレモンに対する姿勢は、誰もが「熱さ」を持っていると感じますね。
ずっと昔からある商品で、すでに認知のある商品を改めて提案するということはとても難しいですが、今まで使ってくださっているお客様や普段使わないお客様に対して、どうアプローチすることが効果的かなど、商品開発から営業まで、社員みんなが考えて取り組んでいることを日々、実感しています。

困難を乗り越えた、
印象に残っているエピソードを教えてください。

担当する60店舗の量販店全店で売場を作らなければならないことが急に決まり、期限内での実施が難しい状況になってしまったことがありましたが、やるべきこと・やらなくていいことなどを選査し、全てリスト化・スケジュール化して取り組みました。また、上司含め支店メンバーを巻き込み、サポートしてもらうことで、お得意先に迷惑をかけることなく、全て期限内に実施できました。

ご自身が考えるポッカサッポロとは、どんな会社でしょうか?

「らしさ」を持っている会社だと思います。たとえば硬水のミネラルウォーター、ゼリー飲料など、ポッカサッポロらしい商品、そしてポッカサッポロらしい社員。つまり、他にはない商品・他にはいない社員がいる会社です。その価値を、社員全員が社会に広める活動を日々一生懸命行っています。
だからこそ、世界で認められる商品を出し続け、ポッカサッポロの商品を愛してくださるお客様がたくさんいるのだと思います。

今後、どんな仕事に挑戦してみたいですか?

今後は、名古屋発祥企業だからこそできる取り組みをやってみたいです。
名古屋をはじめ東海エリアでしか売っていない商品を考えたり、それを拡売するためのプロモーションを考えたり、営業で学んだことを活かせる仕事に挑戦してみたいと思います。

学生へのメッセージをお願いします。

就職活動は楽しい時間より大変な時間の方が多いと思いますが、人との繋がりや縁を大切にして日々を過ごしていただきたいと思います。周りを見れば、家族や友達、先生や先輩など、必ず手を差し伸べてくれる人や話を聞いてくれる人がいます。辛いときには、周りの人を頼って、困難を乗り越えてください。その恩返しはこれからいくらでもできます。

とある1日のスケジュール

7:15 起床
8:30 出社
9:00 ミーティング
10:30 量販店 本部商談
12:00 昼食
13:00 店舗廻り
16:00 資料作成・メール確認 など
18:30 帰社
19:00 飲み会
23:00 就寝

オフタイムの過ごし方

美容院やマッサージなど、自分のリフレッシュのための時間を過ごしたり、まとまった休暇では友達と旅行することも多いです。
また、社会人になってから毎年資格取得を目標にしているので、その勉強をしている時もありますね。
家で何もしない1日ももちろんありますが、ほとんどが外に出て、お買い物などで外に出ています。